« Liveの帰り道。 | トップページ | 8月Liveは♪ »

2007年7月24日 (火)

インドvol4 寝かせてください。

とにかく眠い・・部屋に着くとまずシャワーを浴びる。あーやっぱりね、ホットシャワーは期待できないと本に書いてあったから覚悟はできていた。かろうじて温かいかなって感じのシャワーを浴びてベットに横になるとすぐに部屋をノックする音が。「せっかくだから村を案内する。」って。立っているのも辛いくらいだったけど、せっかくの好意ですから、車で案内してもらった。村は茶色一色。四方八方から道が集まる中心部に銅像があったらしき台のみが置かれていた。村を見渡すと圧倒的に男性が多い。「ここは夕方からは歩かないように。日中は日射病になるから歩いてはだめ。」つまり一人で歩いちゃいけないのね。070529_hotel

部屋に戻ると倒れるようにベットに横になった。何も食べてないけど食べたくない。とにかく眠りたい。するとドアをノックする音。「家族の家に行くよ。」「寝ていないので少し眠らせてください。」本当に少しだった。一時間後、ドアを叩く音。本で読んだんだけど、知らない人がドアをこじ開けて入って来ようとすることがあるって。だから、ドアの音がする度に心臓がバクバクしていた。

家族に挨拶をして、犬と馬を見せてもらった。犬はゴールデンレトリーバーで1才だったかな。吼えながらピョンピョン可愛いねー♪ 馬は不機嫌そうでちょっと怖かった(^^;)・・

ようやく少しお腹が空いてきて、サンドイッチの野菜をぬいてもらって半分食べる。この日の食事はこれで終了。これじゃ体力もたないだろうから帰って新生姜をつまむ。洗濯をして日が沈み暗くなった頃、インド人の集まりがあるから来るように言われた。

湖のほとりで6人くらい集まって何かしらヒンディーで話している。さっぱり分からん・・取りあえず挨拶と共に、携帯に入ってる私の歌を披露した。「おー!君が歌ってるの?いいね!」って。ありがとう。国境を越えて歌を聴いてもらえたよ!

彼らが何処まで親戚か知らないけど、妹って呼んでたシェリーとそのお兄さんに会った。部屋を案内してくれて、「汚いですけど、どうぞ。何か飲み物でも飲みます?」ってしっかりとおもてなしをしてくれたシェリーは10歳の女の子。英語もお兄さんより流暢でとても賢い。彼女の夢は「ビジネスウーマン」だって。さすが新興国インド!日本に来たら何をしたい?って質問には「ディズニーランドに行きたい!」この辺は やっぱり子供だよね、安心した(^^) 趣味の話になったとき、兄弟げんかが始まった。どうやら健康のために始めたジョギングを今日はサボったなんだって、お兄ちゃんがからかったらしい。シェリーは「嘘つき!!」って半泣きで怒って走り回っていたあげく、二人はどこかへ・・。ポツーンと部屋に残された私・・・。

「・・・さ、帰るか。」家を出ようとしたらシェリーが走ってきて「あ、ゴメンナサイ。一人にしてしまって。お兄ちゃんがいけないの。座ってゆっくりしてってください。」すごい気の配りよう。私ですらこんなこと言えないよ。お兄ちゃんも戻ってきてまた口論が始まる。でもこの二人を見ててなんだか微笑ましかった。「私もね、子供の頃お兄ちゃんとよくケンカしたよ。その時は大っキライだったけど、大人になって分かったよ。お兄ちゃんは妹が可愛いくてちゃんと愛を持ってるんだよ。シェリーも私くらいになったらよく分かるよ☆」

シェリーはニッコリ笑って一件落着(^^)。まだまだ男尊女卑の社会のなか、こんなシェリーみたいな負けず嫌いで賢い女の子がこのインドを支えて欲しいって心から思った。

この夜、インド人といろいろ話してぶつかり、明日へとミーティングは続く・・

« Liveの帰り道。 | トップページ | 8月Liveは♪ »

コメント

日本でも田舎とか行くとそうなんですが、結構よそ者が気になるのかちょこちょこやってきますよね~
長旅だと休みたいけど…
辛いところです(>_<)

コージさん、そうですよねー。肌の色、文化が違うからなおさらのことで(^^) でも歓迎してるんですよねーきっと☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Liveの帰り道。 | トップページ | 8月Liveは♪ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ